明石をずーっと元気なまちに!
みんなお声を届けます

日頃より、竹内きよ子に多大なご支援をいただき心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルスが世界を震撼させている今、皆様におかれましては、
不安な毎日を過ごされていることと思います。
明石市におきましても感染拡大を最小限に抑え、市民の命を守ることが最も重要なことです。
そのために全力をつくしていきたいと思っております。
教員職から議員という責務をいただき約1年が過ぎました。
教育のことだけではなく、地域の方々や子供たち、高齢者や障がい者の方々、労働者の声を聞いてまいりました。
そして、誰もが自分らしく生きていける明石市を目指していきたいという思いを強くしました。また、台風などの自然災害の脅威を目のあたりにして胸を痛めました。災害に対する備えを市としても万全の体制に整え、これからも明石市市民の皆様のお声を聞いて安全で安心なまちづくりを目指してまいりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

実績報告

今日は、林議員と新型コロナ対策で現場の声を聞くために明石市内小学校・中学校学校訪問致しました。どの学校も子どもさんに対する思いがあつく、一生懸命仕事されていてこちらも、感激致しました。私達議員も同じ方向を向き皆さんの思いを伝えていかなければならないと思った次第です。引き続き来週も訪問予定。41校全学校訪問予定。ご丁寧に対応くださり、有り難うございます。

・訪問、ポスティング、保護者がとりにくる。生徒がとりにくる。などのちがい。電話連絡。健康調査。
・郵便物の負担。返信用封筒の不備。
・再開に向けて学校給食の調理室エアコン設置の要望。
・タブレットの機種など。
・学校再開の教職員の健康
・子どもたちの課題解決状況。
・評価の統一性一学期の評価。
・行事の実施の有無。
・各学校によって、格差があり、保護者のネットワークにより、不安があるなどの意見。

◆緊急事態宣言解除◆
今日もソーシャルディスタンスをとり、対応していただきました。学校によっていろんな形がありますが、教職員の方も準備をしながら、不安と戦いながら準備しています。子どもの前では笑顔で見守っていかないといけない気持ちが 強いからこそ、思うことがあります。最後に訪問した学校は、学年ごとに 思いを聞かせていただきました。学年によってまた、特別支援学級の先生によって子どもの成長、しょうがい、特性によって違います。学習面、健康面、生活面、話聞かせていただきました。皆さん 言われることは「現場の意見を聞いて教育委員会は、ガイドラインをだしてほしい」「私達が安心できる整備環境を整えて子どもを迎えたい」「私達が子どもらと接するのに・・・一番やりやすい方法を」保護者に寄り添えるように教職員は、同じ気持ちで再開に向けて準備されています。

毎日必死で準備されています。

13校全中学校回れました。丁寧な対応有り難うございます。
・6月1日から、一斉登校ではなく段階的な分散登校を希望
・行事の有無を明確に。
・給食は、3日からは、決定ではなく40人近く生徒数がいるので、少しでも、安全性のある仕方を・・
・それぞれ教科のマニュアル授業の内容。進度。カリキャラムを
・学校生活のなかでの留意点のガイドラインが必要。

・明石養護学校。医療的ケアも必要のなか。
衛生備品プラス手袋使い捨てが、必要。
3密は、避けられないので、人が、必要。看護師。養護教諭2名配置希望。

 

登校可能日週間、登校が始まった学校もあります。
今日伺った小学校では、地域ごとに2グループに別れての分散登校をされていました。
市のコロナ感染防止対策も、今日やっと、保護者にも現場にも明らかになりました。

・テレビ報道で、現場と保護者が同じタイミングで情報を知るのは、どうなのか。
・郵送事業は効果的だったのか疑問
・学校行事は市内統一を
・通常授業+掃除や消毒作業、子どもに向き合うための手が全く足りない
・子どもたちは遊びたい、でも遊ばせて大丈夫?
・教員同士の会議にもオンライン環境必要では?
・支援にあたり子どもとどうしても密着はする。フェイスシールドなども必要なのでは?

いよいよ学校再開にむけて動き出しています。
これまで伺ったご意見を反映できるよう、動いてまいります。

 

明石市大久保オーズタウン内マンションのグランド(最近休校もあり、)マナーが問題になりご近所のお家や、マンションの住民から、ご意見が寄せられておりましたが、明石市の緑地公園課から、掲示板を取り付けてくれています。マナーを守り遊びましょう。

大久保地区明姫幹線沿い。動物病院と保育園の歩道に柵がないと危険。労働組合の方からと住民の要望があり、道路整備課の方から歩道柵設置していただいております。

今日41校。全小学校・中学校回ることができました。
忙しいなかお時間とっていただき有り難うございます。保護者の方々の意見も平行してきいてまいります。

・郵送は、意味があったか?
全学校  100%現場のやり方に沿って頂きたかった。(ポスティング、電話連絡、下駄箱などに取りに来てもらうなど)
・昨日ガイドラインがでました。少し安心しました。
・行事がどうなるか学校では、決めかねない。
・再開から給食の不安、心配
・特別教室の不安。エアコンがないなど、
・多いクラス、41人のソーシャルデイスタンス。体育館・家庭科室での授業。
・小学校・登下校の安全管理
・オンライン授業など。
今週、段階別2回の登校で教職員も子どもたちに出会いモチベーションが上がっていました。
引き続き現場の声をお届けいたします。
教職員の先生がた。保護者のみなさんご理解よろしくお願いいたします。学校現場は、三密を意識しながら本当に厳しい状況なんですが、生活をしてください。

兼ねてから要望がありました。
明石市天神町の交差点。明石市道路安全課にお願いして、看板がつくことになりました。
国道2号線。東から、左折する車に接触事故や、巻き込みがあり数年前には、私の教え子の卒業生が亡くなる痛ましい事故がありました。
要望し、スピード感ある丁寧な対応。自治会も依頼人も私も感謝致しております。

明石市議会女性議員で中学校の給食試食。

給食見学に行かせていただきました。

生徒たちの様子や、教職員の皆さんが毎日どんな風に学校生活を送られているのか?

40人の学級がどれだけ密着なのか?

手洗い場の様子や、給食を食べている様子。

私語なく食べていて感心しました。

よく挨拶してくれてこちらも気持ち良かったです。

新型コロナも第2波が心配されているなか生徒たちの頑張り、学校関係者の皆様のありがたいお心遣いに感謝し、

皆さんが少しでも安心・安全な学校生活が送れますよう現場の声を届けてまいります。

市内中学校、特別支援学級に校区ブックママさんが読み聞かせに行っているところにお邪魔いたしました。

10年前。私も教職員でこの学校は、15年もお世話になりました。

後、教職員組合の挨拶に行かせていただきました。ソーシャルデイスタンスをとり、市政報告させていただきました。

8月ですね。
先週から、お世話になっている労働組合の皆様に挨拶にいかせていただいています。
大阪では、晴れていて芦屋では、豪雨このような異常気象も心配ですし、新型コロナも心配です。
市民のために足になってくださっている公共交通機関。郵送業。教職員組合。
昨日は、兵庫県民主教育政治連盟・幹事会に出席しました。
組織の動きと新型コロナへの対応。それぞれの自治体での意見交換会。
特に国で奮闘してくださっている水岡俊一参議院議員の言葉で、励まされました。
こどもたちの今の状況を心の声を届けていけるように。
明石市の中学校は、昨日で給食終了しました。
小学校は、来週木曜日まである学校もあります。
ラスト来週一週間暑くなりますが、乗り気ってほしいです。
8月中に労働組合、学校、駅たち 頑張っていきます。

暑さ指数Max。
午前中大久保町江井ヶ島。信号機設置要望に立ち会いました。
警察関係者。東播磨県民局加古川土木事務所明石まちづくり対策室。明石市都市局部長。日工関係者。江井ヶ島まちづくり協議会会長。事務局。都市区長。
東江井自治会長新旧。県会議員。地域の方々の思い。日工の従業員の方々の様子。
暑いなか、時間をかけて確認していただきました。
午後からは、明石市議会精神保健研究会学習会に参加しました。
兵庫県立大学。竹端寛先生の講演。家族の思いをお聞きしました。

皆さんの声を届けていく明石市をもっと元気なまちに!

教育環境の充実​

子育て支援の環境の推進

まちづくりの充実

明石かがやきネット

はじめまして!
明石市議会・新会派「明石かがやきネット」です。
明石のかがやく未来のために、市民の声を、働く現場の声を、市政へ届けてまいります。
どうぞよろしくお願い致します!

林まろみ 竹内きよ子

〒674-0068
明石市大久保町ゆりのき通り1丁目1-1イーストスクエアⅣ番館1003号
℡.090-8161-3641(代)